事務所の特徴について

 会計事務所は、その事務所方針により、顧問先との付き合い方やサービスが相当異なります。当方の特徴と思われた点を幾つか挙げさせて頂きましたので、ご参考にして頂ければ幸いです。


1.解約率は僅かな事務所です。
 平成14年に税理士登録後、少しづつ成長して来た会計事務所です。個人の確定申告のみのお客様、月次契約又は決算申告のみの契約をして頂いている法人様。弊事務所から他の会計事務所に移られたお客様は殆どいらっしゃいません。長くお付き合いすることを前提とした業務を行っています。 優しく丁寧に対応することを大事にしてます。

2.高付加価値サービスを行います。
 弊事務所は、品質の良いものを長くというご要望の方に向いています。2,3年使って終わりだから、安ければ何でも構わないという志向の会社様とは合わないと思います。
 また、このお客様にはこのサポートが必要と判断した場合には、職員採用の面接、行政機関への同行、代理交渉など、会計事務所業務の範疇外のこともして参りました。ワンランク上のサービスをご提供致します。

3.報酬の事前提示を行います。
 会計事務所の中には、細かなサービス別課金のシステムを導入されているところも少なくないようです。合理的ではあるのですが、こんなに細かいことを言われて、依頼者が理解されているのかというと、理解されていないと思います。それに、後で予想外の追加請求をされると困るとおっしゃるお客様が普通です。

 弊事務所は、ここからここまでの仕事で幾らですと予め決める契約を行います。派生したものに別途加算請求して行きませんので、後で予想外の高額な請求が行くことは絶対にありません。

4.健全経営と適正な税務申告をお勧めします。
 脱税依頼のお話しをたまに頂戴します。そういうことを言われる会社や不法行為紛いのことをされていると思われる会社の業務はご辞退させて頂いています。
 インチキ会社の顧問税理士かと当方が見られますと、結局、他のお客様全部が同様に見られてしまっても不思議ではありません。

 経営状態の良い会社は不正に走らない傾向があるようです。未来に繋がる経営をご支援致します。

5.自計化と電子申告を推進します。
 弊事務所の作業は殆どパソコン上で行っています。税務申告においては、税理士事務所から税務署へ直接送信して申告を済ませる電子申告を行うことが出来ます。データ管理を紙ベース作業からパソコン作業への移行をされたいお客様へのアドバイスとご指導を致します。
 弊事務所は記帳代行業務にこだわっていませんので、他所から弊事務所に来られた後、自社で帳簿作成が出来るようになった法人様は少なくありません。

20091109 041up.jpg

 (2009年撮影)