1.法人設立までの流れ

 会社を名乗るためには、法務局で登記手続きをしなければなりません。

@設立までの事前準備
 商号調査、事業目的調査、許認可の打診を行い、定款の作成を行います。会社の登記用印鑑(実印)をお作り頂きます。
A公証人による定款の認証
 公証役場にてその定款で問題が無いかどうかを公証人により審査して頂きます。問題がなければ定款の認証を受けることが出来ます。
B発起人による出資の履行
 代表者が金融機関に資本金の金額を払い込んで頂きます。
C設立登記申請
 登記のために必要な書類を準備して、法務局に設立登記申請を行います。
D登記完了
 補正がなされなければ、1〜3週間後、登記完了となります。これで、会社の出来上がりです。
E印鑑カードの交付請求
 法務局にて印鑑カードの交付申請を行い、登記事項証明書と印鑑証明書も交付請求します。