2.設立後にすべきこと

(1)諸官庁へ届出書と申請書の提出を行います。
  税務関係では、税務署・都道府県税事務所・市町村村役場に書類を提出します。
  社会保険関係では、社会保険事務所・労働基準監督署・ハローワークに届出書を提出します。
  税務関係は弊事務所が全て作成し、提出した証拠の控えを一通、お客様にお渡しします。社会保険関係は、社会保険労務士事務所に依頼します。


(2)開業準備をお進めください。
 法人名義の銀行口座を開設したり、法人設立の挨拶状を関係者に送付したり、法人として活動を始めるためのご準備をお進めください。


(3)会計帳簿が作成出来るように準備を行います。
 お金の出入りの記録をどのようにして行ったら良いかをアドバイス致します。