登記されている内容を今直ぐ知りたい時(2010.3.23)

-登記情報提供サービス-

 昨日、所得税のお客様全てに提出済み申告書の控えを渡し終えることが出来ました。
 今年は一件、提出が申告期限日になってしまったものがありました。今年は特殊事情のため、申告期限が大分近づいてからみえた個人事業主様がいらっしゃいました。
 その方については、事務所に持って来られる資料が見本品としたい位良く揃っているので、みえるのが遅くなっても多分大丈夫だろうと思っていました。


 不動産の譲渡もあることは分かっていたので、事前に電話で話しをしてあり、特に問題はなかったのですが、ふと、売却後に契約書通りに所有権が移転されているのか気になりました。
 でも、法務局に行っている時間的余裕は無いので、念のための確認をするために、これを使いました。
 財団法人 民事法務協会が運営している登記情報提供サービスです。
 http://www1.touki.or.jp/gateway.html
 登記事項はこれで分かります。
 それをプリントアウトしたものを公的証明書として使うことは出来ないのですが、別に証明書を必要とした訳ではないので、それで用が足りました。
 不動産の謄本を取ると一通1,000円かかりますが、こちらは証明書ではないので、465円と安かったです。
 なお、個人で利用する場合、予め利用者登録をしておく必要があります。
 又、 コンピュータ化されていない登記情報は取得できません。


 3月15日、その方一名分だけを持って、都内税務署に提出しに行きました。
 会計事務所用受付コーナーというのがあったので、そちらのほうへ行きました。税務署で収受印を押して頂く箇所が15箇所あったので、押す場所に付箋を付けておいたところ、職員の方がパラパラと捲った後はポンポンとテンポ良く押して頂き、1分足らずで提出が完了しました。