小規模事業者向け給与計算ソフト (2010.7.13)

-EXCEL給与計算-

 給与計算やそれに関連する書類は、電卓を叩いて自分で計算し、用紙に手書きで書き込んで作るというのも一つの方法です。昔はそれが当たり前だったはずですが、今は便利なものがあります。

 うちは規模的には小さな会社だけど、源泉徴収票や源泉徴収簿位、印刷で出した奇麗なものにしたい、でも高いものは買えないという会社向けの給与ソフトをひとつご紹介させて頂きます。

 「Puzzle Rings(パズルリングス)」というサイトにおいて、会計や税務の資格を持っている方々がシンプルな給与計算ソフト「EXCEL給与計算」を提供されています。
 そのサイトからダウンロードして3,150円を指定口座に振り込むと、パスワードが送られて来て、自社仕様にすることが出来ます。ベクターからも購入することが可能です。

 私もこれを使っています。その理由は、管理が簡単で、年末調整関係のものも全部作成出来るためです。本格給与ソフトと違い、シンプルなのであちこち見る必要がありません。
 月の給与は大体決まっていて、給与を支払う対象者が10人以内の会社なら、十分なのではないかという気がします。10人以上の会社でももちろん利用可能です。また、社会保険や労働保険の申告書を作成する機能はついていません。
 エクセル操作の基礎があること、ある程度のことは自分で調べて直接数値を入力することが可能な方にはお勧めです。

 市販されている給与計算ソフトは、調べてみると、それぞれ一長一短があるようです。
 以前、会計事務所勤務時代に担当先の給与計算をやるように言われて、そこで使っているソフトでやってみたことがあります。至れり尽くせりの設計になっていたためか、ぱっと見て、一体どこをクリックすれば良いのか分からないし、どう連動されるのかが良く分かりませんでした。

 弊事務所では、中小事業者の会計帳簿のチェックや年末年始事務のために、各月の給与の集計まではしますが、基本的には給与計算そのものは致しておりません。給与や人事、労務に関することの専門家は社会保険労務士です。ただ、例外的に給与計算も承っているお客様もいます。

 使用ソフトは、エプソンの給与応援Superです。スタンドアローン版の値段は市場価格で、17万円近くします。更新が必要なので、年間38,000(税別)の保守料が必要です。
 このソフトは会計事務所用と謳っていますが、なぜそうなのかと言うと、税に関する書類である法定調書や総括表まで全部がこれひとつで作成できるためだと思います。